【避妊コラム】避妊しない男の本音│なぜ男は妊娠のリスクを負ってまで避妊を拒むのか?

【避妊コラム】避妊しない男の本音│なぜ男は妊娠のリスクを負ってまで避妊を拒むのか?

避妊しない男の本音、気になりませんか?

付き合っている男性が、避妊に協力してくれないと悩む女性は意外と多いもの。

なぜ男性は、妊娠のリスクを負ってまで、避妊することを拒むのでしょうか?

避妊しない男の本音をまとめてみました。

↓↓避妊ができない状況の女性にはこちらの記事もおすすめ↓↓

アフターピルで緊急避妊!知っておきたい妊娠確率と値段・副作用とは

避妊しない理由1:面倒くさいから

避妊しない男性の多くは、単に面倒くさいという理由で、避妊を拒みます。

特に若い人には、ゴムを買いに行くのが面倒・・・行為の途中でわざわざつけるのは面倒・・・などの意見が多いようです。

男性の責任な考え
によって、女性が不安に晒されてるのです。

自分勝手な男性のせいで、大事な自分の体にメスをいれることにならないためにも、避妊してほしい時は、しっかり自分の意志を伝えるようにしましょう。

避妊しない理由2:責任を取るつもりがない

避妊しない男は大抵、無責任です。

そんな男に限って、責任を取ると言っておきながら、いざ妊娠が発覚した時は、当然音信不通になります。

音信不通になるまでは行かなくても、必ずと言っていいほど人工中絶を勧めてきます。

自分の体に直接影響がないのを良いことに、自分の都合だけで行動するのです。

責任が取れない男性は、たとえ子供が生まれても、子供の教育もろくにできないので注意しましょう。

避妊しない理由3:ただただ快楽を求めている

避妊しない男には、ただ気持ちいいからという、意見も多くあります。

女性にしてみたら、男性の快楽のために、妊娠の危険と隣り合わせにされるなんて、たまったのもではありませんよね?

しかし、男は本能のままに生きる動物です。

一度避妊具を付けない状態で快楽を味わってしまうと、それがくせになってしまい、なかなか避妊してくれなくなります。

こころの中では、避妊しなければいけないと分かってはいても、快楽に負けてしまう男性は、あなたの予想以上にたくさんいます。

避妊しない理由4:避妊することが恥ずかしいと思っている

避妊することを、恥ずかしいと思っている男性も多意外と多いようです。

正しいことだと分かってはいても、周りの友人は避妊していないとわかったら、男性は自分だけが避妊してる事に、恥ずかしさを感じてしまいます。

男のプライドというものも、関係しているのかもしれませんね。

避妊しない理由5:コンドームすら買えない程ケチ

避妊する方法として、一番ポピュラーな方法は、コンドームですよね?

買うにしても、1,000円程度で買えるので、学生でも買いやすいと思います。

しかし、世の中の男性の中には、たった1,000円程度でも、払うことを嫌がるケチがいるのです。

そんな男に出会ったら、すぐに関係は絶ちましょう。

大事な女性の体よりも、1,000円のお金を優先してしまう人に、ろくな男はいませんよ。

避妊しない理由6:結婚できる自信がある

避妊しない男の本音には、なにも悪いことばかりではありません。

中には、妊娠したら本気で責任をとり、結婚しようと考えている男性もいます。

順番は間違っていると言われるかもしれませんが、本気であなたのことが大好きで、一生を共にしたいと考えているという事は、とても素晴らしいことだと思いませんか?

いつかは、そんな本気で愛し合える人と、幸せな家庭を持ちたいものですね。

避妊しない男の本音│まとめ

【避妊コラム】避妊しない男の本音│なぜ男は妊娠のリスクを負ってまで避妊を拒むのか?

避妊しない男の本音は、快楽を求めて、面倒くさいなど、大抵が自分勝手な理由です。

そんな男に出会った時、女性はしっかり自分の意志を伝え、避妊をしてもらえるように説得しましょう。

男のわがままに流され、もしも妊娠してしまった場合、後悔するのは紛れもなくあなたです。

とは言っても、大好きな彼氏との関係を、悪くしてしまうかもしれないと、不安な人もいるでしょう。

偉そうに言っている私も、実は避妊しない彼氏のわがままを、許してしまった1人でした。

その結果、避妊に失敗し、産婦人科でアフターピルを処方してもらうことになったのです。

妊娠した可能性があるとわかった時の恐怖は、今でもはっきり覚えています。

その当時は、まだ20歳になる前でしたからね・・・

もしも、そのとき避妊をしていたら、あの恐怖を体験せずに済んだのでしょうが、今は逆に経験して良かったと思っています。

その理由は、いかに避妊が大切かということが分かったからです。

妊娠の恐怖を経験したからこそ、避妊の大切さを伝えることができると、私は思っています。

妊娠すること自体は悪いことではありませんし、むしろとても素晴らしいことです。

ですが、妊娠したいという意志がない、赤ちゃんを育てる状況ではない時は、しっかり避妊をすることが大切です。

コンドームを付けたがらない男性が相手の場合、低用量ピルを服用するという避妊方法もあります。

低容量ピルで避妊するなら個人輸入┃望まない妊娠を防ぐには?

男性を傷つけたくないという優しい女性も、自分の体は大事にしないといけませんよ?

男性の欲求だけに流されず、2人が安心して愛し合えるようにしましょうね。

最後の切り札であるアフターピルは通販でも購入できます!
常備してもしもの時に備えませんか?

おすすめのアフターピル【ノルレボ(NorLevo)1.5mg】
矢印